フォーマルからカジュアルまで活用できる!ネックレス選びのポイントなどを紹介

当サイトではフォーマルからカジュアルまで活用したい、ネックレス選びのポイントを紹介しています。
お洒落な装いを楽しむ為にも、知って損の無い内容です。
フォーマル向きのアイテム選びのコツも解説しています。
読めば改まった場に適した物を選びやすくなるでしょう。
また選ぶ際に知っておきたいデザインの知識も取り上げています。
目を通しておけば自分に似合う素敵なデザインのアクセサリーを選ぶときの手掛かりが見つかるはずです。

フォーマルからカジュアルまで活用できる!ネックレス選びのポイントなどを紹介

普段からお呼ばれまで、ネックレスを活用したいと考えている人は多いのではないでしょうか。
ネックレス選びのポイントを簡単に紹介すると、まず用途に合っているかどうかが大切です。
冠婚葬祭の場合には、マナーに合ったネックレスを選ぶ必要があります。
カジュアルな服装に合わせてネックレスを選ぶときには、ファッションに調和したものを選ぶと良いです。
またネックレスはチェーンの色や素材、それから太さとペンダントトップのデザインなどもポイントになります。

知っておきたいネックレスのチェーンの種類

ネックレスのチェーンはデザインで種類分けできます。
最もスタンダードなのがあずきチェーンで、見た目が小豆をつなぎ合わせたようであることからついた名称です。
似たような形状で喜平チェーンと呼ばれるものもあります。
重厚感があり平べったく見えるもので、ネックレスだけでなくブレスレットとしても使われ男性にも人気があります。
四角いパーツを縦と横に交互に組み合わせたものはベネチアンタイプです。
直線的な印象で密度が高く丈夫ですし、光の当たる面が広いので上品な輝きが生まれます。
ボール状の接合して線状にしたものをボールチェーンといいます。
ネックレスだけでなくブレスレットやキーホルダーなど用途はいろいろで、表面にカットを施したカットボールチェーンもあります。
通常タイプよりも光を反射する面が広いのでキラキラと輝きます。
これまで紹介したのは同じ大きさの輪をつなげたものですが、大きさの異なる輪を交互に繋いだフィガロタイプといわれる上品で華やかなタイプもあります。

ネックレスの長さと調和するファッション

女性に最も人気のあるジュエリーとして、ネックレスを挙げることが出来るでしょう。
気軽に身に着けることができ、付けることでファッションの雰囲気を一気に変容してくれる魅力もあるのです。
同じ黒のワンピースであっても、パールにするかダイヤのネックレスを組み合わせるかで受ける印象は大きく変わってきます。
それと同時に長さも装いの印象を大きく変えます。
特に調和する長さとして40センチが用いられます。
デコルテラインのちょうどよい所に存在してくれ、どんな装いでも違和感なく身に着けられるのです。
しかしもう少し長く50センチや60センチにすると、調和するファッションは限定されてきます。
この場合にはニットやセーターなどの組み合わせが抜群となっています。
逆に35センチと短いチョーカータイプは、Tシャツやタンクトップ、Yシャツとの調和が抜群で、おしゃれで可愛らしい雰囲気を演出します。

ネックレスのチェーンの太さとペンダントトップのバランス

ジュエリーは女性の心をとらえてやみません。
中でもネックレスは、非常に簡単に身につけやすく一気に装いを華やかなものにしてくれ、印象を変化させてくれるので人気が高いのです。
デザインも多種多様あり、選択する際に迷い困惑するほどです。
チェーンだけのものもあれば、ペンダントがあるもの、真珠やビーズなどが数珠のように連なってるものなどが存在します。
とくにチェーンにペンダントが施されたデザインが女性に人気です。
トップにはパールやダイヤモンドの他、ルビーやサファイアにエメラルドといった半貴石があしらわれることも非常に多いのです。
こうしたペンダン付きのネックレスを購入する際には、チェーンの太さとペンダントトップの大きさのバランスをよく見ることが大事なのです。
非常に大きなトップが施されているのに、非常に細く貧相なチェーンであると、受ける印象もアンバランスになり素敵に見えません。
またペンダントトップが大きいと、それなりの重量もあるので、チェーンが切れないような太めの物を選択する必要があります。

トップが取り外せるネックレスの魅力

女性が大好きなジュエリーにネックレスを挙げることが出来ます。
気軽に簡単に身につけられて、一気にその装いの雰囲気を変えてくれる魅力があるのです。
クラスアップして見せてくれたり、デコルテラインを非常に美しく演出するほか、シンプルな装いもゴージャスに演出することも可能となってます。
ネックレスには様々な種類が存在しますが、ペンダントトップを取り外せるものは利便性が高く非常におすすめなのです。
チェーンだけでシンプルにTシャツと組み合わせることが出来たり、ペンダントトップをほかのチェーンや真珠のネックレスのトップに着けることも可能となるのです。
組み合わせ次第で印象も変わり、洋服のコーディネートの幅も無限大に広がっていくのは間違いありません。
このように反応性の高いものにしたい場合には、購入する際にペンダントトップの菅が太いものを選ぶようにすると、どんなネックレスチェーンも通すことが出来るようになるのです。

筆者:館野雅

筆者プロフィール

愛知県大治町生まれ。
アクセサリーショップで働いていた経験をもとに記事を書いています。
ネックレスの通販